愛媛県の矯正歯科、歯を抜かない愛媛の歯列矯正・優歯科オフィス。松山市から車で25分、国道56号線沿いの歯科医院です。

優歯科オフィス・非抜歯矯正研究所
TOP PAGE 矯正症例 治療を終えた患者様@治療を終えた患者様A アクセス

院長の履歴書
 新 啓嗣とは?

出生
私は昭和46年2月19日に 父・博文、母・和香子の長男として東京都渋谷で生まれ
ました。(父母はともに歯科医師で、青山で勤務医をしていたそうです。生後6ヶ月で
伊予市に帰ってきたため、当時の記憶はありませんが・・・・。)

私は妊娠8ヶ月目の早産で生まれたため、10日間保育器に入っており、そんな小さな
私を見て両親は「何とかこの子を大きく育てなければ」と思ったそうです。

その結果、私に必要以上のカロリーが・・・・(>^_^<)
私の肥満は、幼少期のs育児方針の結果であり、決して私の責任ではありません。
(責任転嫁)

昭和46年8月 新歯科医院開業

幼少時代
幼少時、伊予市役所前の新歯科医院に住んで
おり、一階が診療所で、二階が住居になって
いました。

当時は歯科医院が少なかったため、1日に100人近い患者さんがいらしていたようで両親は大忙し
でした。

そんなわけで、私はお手伝いの「菅おばちゃん」に育てられたのです。

見よ!貴重な院長のフルヌード!!菅おばちゃんとの2ショット。

3歳になった頃、右奥歯にむし歯ができたため父に治療してもらう。泣く寸前。

3つ違いの弟が生まれる。
かまってほしくて赤ちゃんがえり。

小学生時代
何より給食が大好きで、この頃からほとんど噛まずに早く食べる癖がついてしまい
ました。
何故なら、おかわりをするためには、他の子達より早く食べる必要があったのです。
おかわりできる人数は限られており、生存競争(?)は厳しいのです。

こうして厳しい生存競争を生き抜いた私は、いつの間にか超デブになってしまいました。

首がなくなってしまった!・・・・(ToT)/~~~

そんな、食欲旺盛な私に更なる危機が迫って
いました。

なんと、地元の中学校に進学すると男子は皆、
丸坊主にしなければならいという理不尽な(?)
校則があったのです。

ヘアスタイルに人一倍こだわりのある私にとって、
到底許容できる話ではありません(?)。
「丸坊主はいやだ!」という理由だけで、私立
愛光中学受験を決意し小学校5年生時より
塾通いが始まりました。
一生の中でこれほど真剣に勉強した時期はない
というくらい必死で勉強したのを覚えています。

中学・高校時代
もともと丸坊主になりたくない一心で愛光中学に進学した私には、特別な将来目標など
ありませんでした。すでに「丸坊主になる必要がない」という一大目標を達成した私に勉学
に対する情熱はなかったのです。
しかし、周りの同級生は東大・京大などの一流大学を目指して入学してきたエリート集団。
当然のことながら、私は徐々に落ちこぼれていくことになったのです。

高校時代は毎年留年しそうになりながら、いつも追試、補習に追われていました。
にもかかわらず、ドラゴンクエストVの発売日には当然のように学校をさぼって買いに走り
ました。(RPGの魅力には勝てません、今でもやめられません。)
勉強はまったくついていけなくなっていたので、趣味に生きる優雅な生活を送ろうと心に
誓っていたように思います(?)。

ちょうどその頃、もうひとつの趣味とも言える減量を始めることになりました。
今は亡き・鈴木その子さんの「やせたい人は食べなさい」に影響され、トキノ式ダイエットを
始めたのがこの頃です。
ご飯を中心とした日本古来の食事で、徹底的に脂抜きした食生活が半年続きました。
その結果、87キロあった体重が55キロへ。32キロの減量に成功したのです。

高校はというと、256名中252番目という成績で何とか卒業することができました。
そして私立・東京歯科大学に入学することになったのです。

目玉が飛び出るくらいの入学金を払った両親は、心の底から嘆いたことでしょう。
しかし私は、「東京歯科大学」略して「東大」の学生になったのです。(笑)

愛媛県伊予市米湊431-1  矯正歯科・歯列矯正の優歯科オフィス
国道56号・港南中学校前(松山市から車で25分)  TEL:089-997-3555

Copyright (C) You Dental Clinic All rights reserved.
website produced by 『わははねっと』
愛媛県伊予市の歯科、優歯科オフィスには
松山市、新居浜市、今治市、大洲市、内子町、砥部町から患者様が通院されています。
愛媛県 松山市 矯正 矯正歯科 歯列矯正